MELI-MELO MELOMANE

音楽愛好家的日常
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
BACK HOME
別館
おせっかい
ジャケット写真でAmazonにリンクしているものは購入ページに飛べます。以前は日本のAmazonの輸入盤価格は、 に対していまひとつ価格競争力に問題がありましたが、最近はかなり下がってきています。更にマーケットプレイスで海外の業者(カリフォルニア州とか英国ジャージー島あたりに登記された業者などから届けられます。)から取り寄せることが出来るようになり、ものによっては犬や塔よりかなり安く入手出来るものもあります。だいたい1〜2週間で到着する(日本での配達はJP)し、今までトラブルはありませんでした。 ちなみに、アメリカ盤はそこそこのようです。アイテムによっては直接、米Amazonから取り寄せると更に安くなることがある(品数にもよります)ので、興味ある方は .com の方も検索してみてください。私の場合、安い運賃の発送でも2週間強で到着しています。英独仏それぞれのAmazonも、他の国に無い独自アイテムがあったりして楽しめます。仏、西あたりだとFnacという手も。なお、品切れで中古の出品者が少ないアイテムは「あり得ない」値付けになっていることもあり、ご注意の程。
PROFILE
SEARCH
<< オクシタンのゴスペル | main | アリソン・クラウス、聴くトラックは玉ばかり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
バッハ 地味化計画
cover photocover photoBach: Alio Modo (Fretwork) バッハのオルガン曲をオーケストラで色彩豊かに装った Bach Plus 的な演奏は多々あれど、ヴィオール・コンソートによる演奏というのは珍しいのではなかろうか。Bach Lite というか・・・ オルガンよりもずっとマットな響きでいかにも地味〜なのだが、この縮小感が心地良い。幻想曲ト長調から始まり、前半のヤマはパッサカリア。バッハがジョン・ダウランド方面を振り返っているのか。しみじみ味わえるバッハ編曲モノ。「聖アン」のフーガの部分とか、平均律から3曲ほど、そして「音楽の捧げもの」の6声リチェルカーレ。じわりと響くこれらの演奏、原曲の別の姿を発見する楽しみに満ちている。Alio modo にひっかけたタイトルにも座布団1枚か。 3000円超というのも冗談みたいな値段だが、犬マークでも2000円以上になってしまってる。 -----
| BIANCO | Classical | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |