MELI-MELO MELOMANE

音楽愛好家的日常
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
BACK HOME
別館
おせっかい
ジャケット写真でAmazonにリンクしているものは購入ページに飛べます。以前は日本のAmazonの輸入盤価格は、 に対していまひとつ価格競争力に問題がありましたが、最近はかなり下がってきています。更にマーケットプレイスで海外の業者(カリフォルニア州とか英国ジャージー島あたりに登記された業者などから届けられます。)から取り寄せることが出来るようになり、ものによっては犬や塔よりかなり安く入手出来るものもあります。だいたい1〜2週間で到着する(日本での配達はJP)し、今までトラブルはありませんでした。 ちなみに、アメリカ盤はそこそこのようです。アイテムによっては直接、米Amazonから取り寄せると更に安くなることがある(品数にもよります)ので、興味ある方は .com の方も検索してみてください。私の場合、安い運賃の発送でも2週間強で到着しています。英独仏それぞれのAmazonも、他の国に無い独自アイテムがあったりして楽しめます。仏、西あたりだとFnacという手も。なお、品切れで中古の出品者が少ないアイテムは「あり得ない」値付けになっていることもあり、ご注意の程。
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
Cherryholmes賛江
cover photo 人気上昇中のブルーグラス・バンド、Cherryholmes が2作目をリリース。カヴァー写真の過剰なデザインは、ご当地音楽ではよくある事ですのでご了承下さいです。メンバーはみんな家族という、いわゆるファミリー・バンド。 ブルーグラスと言ってもバーボンをストレートでがぶ飲み出来なきゃ聴けないような泥臭い音楽かと思ってはなりません。Cherryholmes は、軽さと渋さ、洗練と泥臭さ、陽気さと陰影を絶妙にバランスした、実は結構ユニークなバンドではないでしょうか。 ブルージーな Black and White から、これぞブルーグラス的無窮動 The Nine Yards へと進んでいくと、スタジオ録音でこれならライブで聴いたら昇天しそうです。 大地のところどころに現代文明がなすりつけられ、どこに行っても似たような郊外の住宅地やショッピング・モール、さもなくばトウモロコシ畑が広がるようなアメリカの田舎が、実は地球上でもっとも詩情溢れる場所ではないかと思えて来ます。 ポピュラー音楽の一分野になっているようなカントリー・ミュージックと比べると、ある種フォーカスを絞られて様式化したブルーグラスの方が、アメリカ音楽の普遍的なコアの部分に通じているような気がします。 -----
| BIANCO | Country/Bluegrass | comments(0) | - | - |
ケイジャンゆたりのたり
cover photoEvangeline Made, a tribute to Cajun Music (Vanguard 79585 2) 昨日の Adieu False Heart でケイジャンに開眼したわけではないが、たまたま今日は棚からふと見つけて、あれ、こんなの持っていたのかとプレイヤーに乗せた。リンダ・ロンシュタットとデュエットしていた Ann Savoy がここではプロデュースを行い、様々な歌手がケイジャン・ソングを歌っている。リチャードとリンダ・トンプソン、ジョン・フォガティ、マリア・マッキー、パティ・グリフィン・・・ リンダ・ロンシュタットもアン・サヴォイと2曲。しかも全員フランス語で歌っている。音楽のスタイルは更に田舎風で、リンダとのデュエットのようなフォークっぽい曲より、ズン・チャッチャでゆるーい感じの曲が多い。 ちょっと聴くと、いやあこれは退屈しそうだなあ、勘弁だなあと思うのだが、このたるいノリに身を任せているといつの間にか体が麻痺して時の経つのも忘れ、気付くとCDが停止しているという不思議ダウナー系である。 これを聴いて真綿に包まれるようにのたありとするのは、実は究極のロハス的贅沢なのかも知れない。 -----
| BIANCO | Country/Bluegrass | comments(0) | - | - |
ミシシッピの木陰で
cover photoB000FP2IYQLinda Ronstadt, Ann Savoy: Adieu False Heart (Vanguard 79808 2) ポップ、ロックから始まって、カントリーやメキシコ歌謡のようなルーツ音楽でも独特の存在感を示すリンダ・ロンシュタットのアルバムの中でも異色のタイトル。Ann Savoyとのデュエットでケイジャン・フォークの魅力をたっぷり聴かせてくれる。ギターやバンジョーの音も、カントリーやブルーグラスで聴くものとちょっと違うような気がする。 何より、最初の歌の Adieu False Heart から始まる湿ってブルージーな節回しに心が引きまわされるたり、いくつかのはんなりしたフランス語の歌に安らいだり。ユニヴァーサルなアメリカ音楽にもこれらの要素が確実に一部として流れ込んでいるのだと思わせる、これこそルーツ・ミュージック。 曲自体はケイジャンのみならず、リチャード・トンプソンやビル・モンローのものまで、つまりイギリスのフォークやブルーグラスまで歌っているわけですが、そもそもケイジャンを意識しなくても、このデュエットは他に聴いたことが無い歌の世界を体験させてくれる。 別にジャンバラヤやケイジャン・チキンじゃなくても、いや、芋羊羹でも食べながらのんびりお茶飲んで聴いてみましょう。 cover photoB000H5U0L2国内盤もあります。 -----
| BIANCO | Country/Bluegrass | comments(0) | - | - |
どぶろくのカクテル
cover photoB000F0UV0EMark Knopfler & Emmylou Harris : ALL THE ROADRUNNING (Warner 44154-2) マーク・ノップラーとエミルー・ハリスのデュエット・アルバム? うわぁ、是非聴いてみたい、ポチっ。 で、届きました。じんわりダウナー系のマーク・ノップラーの声と磨かれたテンションのエミルー・ハリスの声の絡み合いは実に聴きもの。そして、マークのギターがもう絶妙としか言いようがない。曲作りは殆どマークで、エミルー・ハリスは2曲。道場破りのカントリー・ミュージック。 いま一つ気がのらない日のドライブのお供にどうぞ。あるいは、よごれちまった日常生活を終えたひと時に。変な癒し系なんかに手を出すより、どぶろくのカクテルを飲むようにこのCDを聴くほうが、その後ぐっすり眠って気分爽快になれるかも、です。 cover photoB000I5X810Mark Knopfler & Emmylou Harris : Real Live Roadrunning ライブ盤も出ていたのですか。しかも全曲DVD付き。また、ポチか・・・ -----
| BIANCO | Country/Bluegrass | comments(0) | - | - |
アリソン・クラウス、聴くトラックは玉ばかり
cover photocover photoAlison Krauss : A Hundred Miles or More 久しぶりに米アマゾンを見ていたら、アリソン・クラウスの新譜が出ていた。他にいくつかカントリー、フォーク等のアルバムを混ぜて注文。ジャケット写真が癒し系に振れてますね。そこで見つけた小さな文字の A Collection なる副題が・・・ なーんだ、ベスト盤じゃん。まあ、落ち着け。歌詞カードを見れば5曲が Previously unreleased だし、それ以外もアリソン自身のアルバムからの再録ではなく、彼女がゲストで参加した他のミュージシャンのアルバムから集めてあり、聴いたことの無いトラックの方も多かった。 アリソンの歌は本当に唯一無比。ミッドウェストのトウモロコシ畑の上をかすかに吹いては留まる風のように静かに開放的。湿り気を含んだ声は人の温もりを感じさせながらどこか天上的。全てのトラックがこれ程「玉」ばかりというアルバムにはそうは出会えない。そして歌が終わった後の沈黙も雨上がりの草の匂いのように心を満たす。 ブラッド・ペイズリやジョン・ウェイトのアルバムにゲストに呼ばれたトラックも入っているけれど、こうして聴いていくとアリソンがホストになっているように聴こえる。チーフテンズやナタリー・マクマスターとの共演では Celtic な色合いを強める。 -----
| BIANCO | Country/Bluegrass | comments(0) | - | - |